グラウンドやテニスコートなど各種スポーツ施設の新設・改修・整備

〒570−0074 大阪府守口市文園町5-19

湿気すいとり君工法

青野スポーツ施設
湿気すいとり君工法

年中無休で大気の湿気をすいとり、ウエット状態を保ちます

湿気すいとり君工法は、タンスの湿気すいとり材をグラウンド舗装改良材として開発しました。グラウンドを常にウエットな状態を保ち、夏は土埃を抑え、冬は凍結を防止します。

こんな症状のグラウンドに最適です

  • 土埃で近隣に迷惑をかけているグラウンド
  • 水はけが悪いグラウンド
  • 土が非常に固く、凸凹状態のグラウンド
  • 雨上がりのコンディションが非常に悪い
  • 雑草がいくら抜いても所々に生えてくる
  • 冬場になると凍てつき、解けるとベトベトになるグラウンド
湿気すいとり君工法施工例

施工手順

着工前

1.着工前

着工前のグラウンドの状況
現況土鋤き取り

2.ソイルプロテクト搬入

ソイルプロテクトVer.2(湿気すいとり素材)搬入
集積

3.ソイルプロテクト散布

スプリンクルスプレッダーにてソイルプロテクトを均一に散布
基盤整正

4.広範囲の散布

広い面積にはグラウンドスプレッダーアタッチメントを使用
ふるい選別

5.混合

ソイルプロテクトと真砂土路盤を混合(厚みは3〜6cm)
仕上げ転圧

6.1次転圧

4t級ワイドタイヤローラーにて転圧を行う
敷き均し

7.レベリング調整

マルチアタッチメントにてレベリング調整を行う
仕上げ転圧

8.表面仕上げ

グラウンドレーキにて表面仕上げを行う
表面仕上げ

9.最終仕上げ

グラウンドマットを用いて最終仕上げを行う
施工完了

10.仕上げ転圧

ワイドタイヤローラーにて仕上げ転圧を行う
現況土鋤き取り

11.施工完了

湿気すいとり君工法施工完了

CONTENTS



青野スポーツ施設フェイスブックページ 青野スポーツ施設Youtubeチャンネル 青野スポーツ公式ツイッター