グラウンドやテニスコートなど各種スポーツ施設の新設・改修・整備

〒570−0074 大阪府守口市文園町5-19

ロングパイル人工芝施工システム Gターフシステム

青野スポーツ施設
Gターフ工法

土のグラウンドを人工芝に改修する究極の施工システム

Gターフシステムは現況土をフルリサイクルするため、残土処分がなく、環境に優しい人工芝下地舗装工法です。アスファルト舗装を上回る品質で、しかも建設費用を大幅に削減することが可能です。

ロングパイル人工芝に変えるメリット

  • 天候に左右されず常に安定したコンディション
  • 水はけが抜群に良くなる
  • 年間を通して、美観を損なわない
  • 厳しい環境下でも施工可能
  • 施工中、ダンプ等の出入りがほとんどない
  • 維持管理費を大幅にカットできます

用途/サッカー場・ラグビー場・アメリカンフットボール場・野球場・校庭・各種グラウンドなど

施工価格

平面仕様断面図

平面仕様断面図

施工手順

現況土鋤き取り

1.現況土鋤き取り

GPSレーザー搭載7t級ブルドーザーにて現況土鋤き取り
基盤整正

2.基盤整正

レーザーブルドーザーにてミリ単位の勾配修正を行う
ふるい選別

3.ふるい選別

自走式スクリーンマシンを用いて現況土をふるい選別する
現況土混合

4.HSK活性凝固素地材混合

ミキシングマシンにてHSK活性凝固素地材と現況土の混合を行う
精製土敷き均し

5.精製土敷き均し

GPSレーザー搭載7t級ブルドーザーにて精製土を敷き均し


仕上げ転圧

6.仕上げ転圧

4t級コンバインドローラーにて振動転圧
表面仕上げ

7.表面仕上げ

グラウンドレーキによりミリ単位の表面の誤差を修正
ドレーン掘削

8.ドレーン掘削

当社独自のドレーン掘削機にて幅10cmのドレーンを掘削
充填材流し込み

9.充填材流し込み

専用ホッパにてドレーン充填材を均一に充填
下地完成

10.下地完成

最終転圧を入念に行い下地舗装工事の完成
人工芝敷設備

11.人工芝敷設

ロングパイル人工芝を敷設後、ゴムチップ充填
ゴムチップ充填

12.施工完了

土から人工芝へ見事に生まれ変わりました

CONTENTS



青野スポーツ施設インスタグラム 青野スポーツ公式ツイッター
青野スポーツ施設フェイスブックページ 青野スポーツ施設Youtubeチャンネル