野球場・グラウンドの整備工事は専門業者の青野スポーツにお任せください

〒570−0074 大阪府守口市文園町5-19

上郡スポーツセンター野球場内野整備工事(兵庫県赤穂郡)

青野スポーツ施設

野球場内野整備工事

野球場内野改修工事 着工前の野球場
野球場内野改修工事 表層の敷き均し
野球場内野改修工事 フィールドアースアタッチメントの作業状況
野球場内野改修工事 コンバインドローラーで不陸転圧
野球場内野改修工事 カンナカッターで表面の不陸整正
野球場内野改修工事 グラウンドマットで表面仕上げ
野球場内野改修工事 仕上げ転圧
野球場内野改修工事 ソイルプロテクト散布
野球場内野改修工事 施工完了
2020年6月12日

上郡スポーツセンター野球場内野整備工事(兵庫県赤穂郡)


グラウンド整備を1台のマシンで行えるGRフィールドアース工法で昨年に引き続き、本年も野球場内野の整備を行いました。着工前の内野の状態は雨上がりに水たまりもできており、セカンド付近の盛り上がり、塁間のうねり、1塁・3塁側には水路ができていました。

フィールドアース工法に入る前に、まずは測量を行い、不陸箇所の選定、水たまり箇所および水路の確認とマーキングを行いました。測量の結果、小さな不陸が多方面にあったため、レーザーブルドーザーを使わず、バックホウで不陸を取る作業をいたしました。セカンド付近から各ベースに向かって表層を均して、フィールドアースアタッチメントを導入し、内野の掻きほぐし・整正・転圧・ブラッシングを行い、内野全体をバランス良くメンテナンスします。

コンバイドローラーで不陸整正転圧、カンナカッターアタッチメントでさらなる不陸の整正、グラウンドマットで表面仕上げを行います。再度コンバインドローラーで仕上げ転圧を行い、表面土壌安定剤ソイルプロテクトを散布して施工完了。着工前にあった水路、不陸箇所もなくなり、非常に綺麗にメンテナンスできました。今回のポイントはフィールドアースアタッチメントでの整備前に、不陸の悪い場所をすべて把握し、適切な処理を行ってから整備を行ったので、フィールドアース工法の効果が100%発揮することができました。

GRフィールドアース工法では、表層が固くなったグラウンド、グラウンド表面の凸凹、勾配が悪く水たまりができるなどの症状を改善することができます。グラウンドの整備には青野スポーツ施設のGRフィールドアース工法をぜひご採用ください。

採用工法:GRフィールドアース工法



関連する施工事例

広陵高校野球場
広陵高等学校
野球場メンテナンス工事
大阪城公園
大阪城公園
グラウンド整備工事
グラウンド整備工事
洛南高校
グラウンド整備工事
ニュース一覧へ戻る


CONTENTS



ARCHIVE

青野スポーツ施設インスタグラム 青野スポーツ公式ツイッター
青野スポーツ施設フェイスブックページ 青野スポーツ施設Youtubeチャンネル