テニスコート舗装の修繕・補修は専門業者の当社にお任せください

〒570−0074 大阪府守口市文園町5-19

紙敷庭球場ハードコート舗装修繕工事

青野スポーツ施設
テニスコート修繕工事 クラックが発生している着工前のコート
テニスコート修繕工事 速硬化性のエポキシ系のパテ「エポテックD」にて補修作業
テニスコート修繕工事 上塗剤の塗布
テニスコート修繕工事 上塗剤の研磨
テニスコート修繕工事 クラックの補修が完成
テニスコート修繕工事 プライマー塗布
テニスコート修繕工事 コート全面研磨
テニスコート修繕工事 上塗り塗布状況
テニスコート修繕工事 施工完了
2018年04月12日

紙敷庭球場 ハードコート舗装修繕工事(千葉県松戸市)

竣工されてから15年以上経過し、多数クラックが発生しているテニスコート(ハードコート)のクラック補修及び表面塗装工を行いました。一般的にハードコートの修繕を行う際は全面を閉鎖しての作業を行うことが多いのですが、今回は施主様からの強い希望により、3面の内1面でプレーしながら2面の修繕を行うという、難易度の高い施工を行う必要がありました。

まずはクラック部分を専用の機械を用いて切削し、当社下地補修材「エポテックD」(速硬化性エポキシ系パテ)でクラックの補修を行います。次に当社下地修正材「ダッシュHS」(速硬床用補修樹脂モルタル材)を充填して空隙を塞いだのち、既設面と平滑になるように人力で丁寧に仕上げてまいります。その後、コート全体をポリッシャーにて研磨洗浄し、ダステートSC塗装(下地塗装・下塗り・中塗り・上塗り)と表面塗装を行い、最後にコートラインを引き直して完成になります。ダステートSC舗装はコートの温度上昇を抑制する効果もありますので、プレーに集中できる快適なコンディションを実現いたします。

年度末で3週間程しか工期が無い状態であったにもかかわらず、2週間程で施工を完了し、しかも新設同様の仕上がりが出来たため、施主様や使用者の皆様から多数の喜びの声をいただくことが出来ました。今回のようにハードコートのクラック等のでお悩みでしたら手遅れになる前に是非当社までご相談ください。

採用工法:ダステートSC舗装 ダッシュHS・エポテックD



ニュース一覧へ戻る


CONTENTS



ARCHIVE

青野スポーツ施設インスタグラム 青野スポーツ公式ツイッター
青野スポーツ施設フェイスブックページ 青野スポーツ施設Youtubeチャンネル