グラウンドやテニスコートなど各種スポーツ施設の新設・改修・整備

〒570−0074 大阪府守口市文園町5-19

新工法発表

青野スポーツ施設
2016年7月月05日

クッションアビリティ工法・ボールプロテクション工法を発表

施設の安全性を高めることができるクッションアビリティ工法

青野スポーツ施設株式会社(大阪府守口市)は衝撃吸収防護材工法のクッションアビリティ工法とグラウンド等の防球ネットシステムであるボールプロテクション工法を発表致しました。

クッションアビリティ工法は屋外・屋内の様々な運動施設に特殊ウレタンを用いた衝撃吸収材を設置し、プレーヤーを衝突事故などから守る役割を果たします。屋外用は主に野球場の外野フェンスやバックネットなどへの設置や防球ネットの柱などに用いられ、屋内用は体育館の壁面や柱、柔道場・剣道場などの壁面に設置することで施設の安全性を高めることができます。



スポーツ施設建設の専門業者が施工する防球ネット

ボールプロテクション工法はコンクリート柱を採用した防球ネットシステムです。防球ネットは屋外の運動施設に必要不可欠な設備のひとつですが、スポーツ施設建設の専門業者である当社は、ボールの弾道計算を行うことでその施設に応じた最適な高さの防球ネットを施工することができます。高さは5mから25mまで対応可能。



ニュースリリース一覧へ戻る


CONTENTS



青野スポーツ施設インスタグラム 青野スポーツ公式ツイッター
青野スポーツ施設フェイスブックページ 青野スポーツ施設Youtubeチャンネル